現在表示しているページ
HOME> IR情報 > 個人投資家の皆さまへ > JRFについて | JRFのあゆみ
当サイトを快適にご覧いただくにはAdobe Flash Player(無料)が必要です。下記バナーより最新版をダウンロードしてからご覧ください。 Get ADOBE FLASH PLAYER 商業施設に特化した理由 JRFの基本戦略 JRFの物件 JRFのこれから JRFのリスクとリターン

JRFのあゆみ

総資産の推移に関するグラフ
日本リテールファンド投資法人(JRF)は、2002年3月に日本で3番目のREITとしてスタートしました
REIT(リート)とは、Real Estate Investment Trust(不動産投資信託)の略称です。不動産を投資対象とする商品として、世界20カ国以上で普及しており、日本では2000年に改正施行された「投資信託及び投資法人に関する法律(投信法)」により日本版“J-REIT”(Japanの”J”をとって、J-REIT(ジェイリート))の組成が可能となりました。
このような中、JRFは2002年3月に日本で3番目のREITとして、また、日本で初の商業施設不動産の運用に特化した投資法人としてスタートしました。

JRFは、中長期にわたり安定した収益を確保し、また運用資産を着実に成長させることを目指し、当初設定した上場後3年以内に総資産額2,000億円、5年以内に4,000億円という目標をいずれも前倒しで達成してきました。 また、日本で新しくスタートしたREITという仕組みの中で、JRFはそのパイオニアとして様々な取り組みを他に先駆けて行ってきました。JRFは今後も安定した運用をベースとしながらJ-REIT市場全体の活性化の一助として日々新しい取り組みを模索していきます。
JRFが行った取り組み事例

ミニコラム1
「8953」と「Gビル」
8953 「8953」とは、JRFの銘柄コード(東京証券取引所上場)です。上場当初はこの4つの数字をJRFのブランドとして、主に都心型物件を中心に物件に付けてきました。その後、2007年10月、東京・表参道に保有していた物件が新たに「GYRE(ジャイル)」として生まれ変わったことにより、この物件をJRFのフラッグシップ(旗艦物件)とし、以後取得した都心型物件の物件名には、GYREの頭文字である"G"を取って「Gビル」と名づけ、Gビルシリーズを保有しています。

ミニコラム2
JRFは、常に新たな取り組みにチャレンジしています。
誰かがやる前に、一歩先に始めることができるか。他の人が思いついていないアイディアはないか。
次に飛躍するために、今どれだけ種をまけるか。制度上の問題があれば、それを解消するためにはどうしたら良いか。J-REIT自体がまだまだ始まったばかりなのですから、新しいことを行うチャンスは無数にあります。