現在表示しているページ
HOME > 投資法人のしくみ > コンプライアンス・リスク管理 > リスク管理の組織体制について

コンプライアンス・リスク管理

リスク管理の組織体制について

本投資法人の資産運用会社は、投資者保護及び投資運用業の適正な運営を図るため、投資運用業の本旨に則し、顧客たる投資法人のため忠実にかつ善良な管理者の注意をもって投資法人の資産の運用に係る業務を遂行することを業務運営の原則としております。資産運用上発生しうる主要なリスクを、「投資運用リスク」と「事務/システムリスク等」の二つに分類して定義し、以下の活動を通じて、リスクへの対応と継続的改善に取り組んでおります。

リスク管理体制について

[1]
取締役会
リスク管理全般の把握等
[2]
代表取締役社長・リスク管理統括者
リスク管理全般の統括等
[3]
資産運用検討委員会
各投資法人の資産の取得・処分・運用管理、運用管理方針・基準、予決算及び資金調達等に関するポートフォリオ全体の総合リスクを検証・議論し、対応策を決定
[4]
リスク管理委員会
事務/システムリスクを含む主要なリスクに関する事項(但し、資産運用検討委員会に係属する事項は除く)について適時に把握、検討し、対応策及び管理方針を策定
[5]
リスク管理責任者
・各部署のリスク管理責任者として、主要リスク等を管理
・リスク管理状況をリスク管理委員会に報告
[6]
内部監査室
内部監査の企画・実施
[7]
マネジメント室・経営企画部
独立した全社的な立場からリスク管理態勢を構築。
整備状況及び運用状況をモニタリングのうえ、評価・分析
リスク管理委員会の運営
[8]
コンプライアンス管理室
事務事故管理、事前の稟議審査等を通じたリスク情報の入手・蓄積